M O R E   N E W S


  以下のイベントは終了しました

 

 新スタジオ入居/ウェルカムパーティーのお知らせ 


現在のBankARTに事務局をおく「CreativeNetwork実行委員会」が運営する、横浜・桜木町に出来た新しいスタジオに入居できることになりました。

 国道16号線沿いにあるので『R16スタジオ』といいます。横浜駅と桜木町駅の間、旧東横線の高架下の空間で、半屋外のちょっと特殊な空間。 僕がこどもの頃このあたりの高架下壁面には様々なグラフィティ/ウォールペインティングが隙間なく描いてあったのを覚えています。ある意味絵画との出会いの原体験のひとつ。 制作はもちろん、越冬に向けてもがんばります。

 

■ウェルカムパーティー: 8月17日(金)18:00〜
…スタジオアーティストなどを交えたパーティーを行います。

 

■アクセス:「R16スタジオ」(横浜市西区桜木町7-48)

・横浜駅より徒歩12分

・桜木町駅より徒歩12分

・新高島町駅(みなとみらい線)より徒歩5分

・高島町駅(市営地下鉄)より徒歩5分

…東急東横線(横浜~桜木町駅間)の廃線跡、高架下です。 http://bankart1929.com/creative_network/download/r16.pdf 

 

■お問い合わせ: 「Creative Network実行委員会事務局(BankART1929)」

MAIL:cn@bankart1929.com TEL:045-663-2812 / FAX:045-663-2813

〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル 410(事務局)

渡辺篤作品集


 以下のイベントは終了しました

 

 トークイベント|8月7日 国立


《止まった部屋 動き出した家》2014 / photo by Keisuke Inoue 

 

 

東京国立にある新しい形式のコミュニティスペースで、家呑みの様な雰囲気の連続企画のひとつとして、渡辺がお話します。ご興味ある方、ぜひ語り合いに来て下さい。

____________

 

『ヒキコモ〜生きづらさ×アート〜(ゲスト:渡辺篤)

 

日時:8月7日(火)夜7時〜

参加費:1,000円

場所:「国立五天」東京都国立市中1-10-22天神ビル3F

FBイベントページ

 

・お話する内容(予定)

1, 渡辺の自己紹介的なお話(自身のひきこもりの経緯や作品)

2, 社会問題としてひきこもり(映像表現の暴力性について等)

3, この夏スタートの企画「ひきこもりの人たちと写真集を作る」について

 

…アートファンや美術関係者はもちろん、ひきこもり当事者やそのご家族、支援者の方々も歓迎です。 その他、アートプロジェクトに興味ある美大生、ソーシャルインクルージョン(社会包摂)や、福祉とアートの間で活動されている方もぜひ。

_____________

 

「国立五天」

…国立駅からすぐの所にある「国立五天」。

「家族」をテーマに、メンバーを家族として扱う(『国立家』という家族としての共同体)、新しい形式のコミュニティスペース。宿泊しないシェアハウス。メンバー内外の興味深い企画を多数行ってきたようです。

今回の企画は、国立家メンバーの方にお誘い頂きました。

ウェブサイト FBページ

 

(2018/07/26)



 

 記事掲載


パルシステム生活協同組合連合会による、

月刊『のんびる』2018年7月号 に取材記事が掲載されました。

記事は”「ひきこもりをやめた日に撮った自分や部屋の写真は、 ぼくにしか作れない作品だと思ったんです」渡辺篤さん(現代美術家)”という見出しです。

 

 

月刊『のんびる』2018年7月号

【目次】

http://secondleague.net/?p=10951

 

 

「セカンドリーグWeb」にて記事の冒頭部分が紹介されています。

http://secondleague.net/?p=10998

 

 

 

月刊『のんびる』 定価 本体300円+税

(パルシステム生活協同組合連合会)

 

(2018/06/18)

 



以下のイベントは終了しました

 福祉関連 シンポジウム参加


「ヒキコモリ・コネクト」(2018/03/18、豊中市千里文化センター「コラボ」、大坂)
…シンポジウム登壇
チラシPDF

 

・朝日新聞情報掲載

ダウンロード
ひきこもり経験者 訴える「多様性」:朝日新聞デジタル.pdf
PDFファイル 1.2 MB

(2018/03/18)

 



以下のイベントは終了しました

 映像作品上映/トークイベント


元ひきこもりという経歴を持つふたり。渡辺篤(現代美術家)と木村ナオヒロ(『ひきこもり新聞』編集長)のトーク。

渡辺の近作映像作品《わたしの傷/あなたの傷》(2017年、31分)を上映し、お互いの当事者性を活かした活動についても語り合います。

 

<映像作品上映/トークイベント>

■日時:2018年 1月20日(土)19:00-20:30

※終了時間は若干の延長の可能性がございます。

■タイムスケジュール:18:40開場/19:00開演/21:00閉場

■会場:「Art Alone Place」…天王洲セントラルタワー別館1F 旧LA CASA NIKI (旧:ラ・カーザ・ニキ)内

■住所:140-0002 東京都品川区東品川2-2-24

■入場料:500円(このイベント日のみの特別料金)

■予約不要

アクセス方法など詳細

 

 

(2018/01/14)

 



以下の展覧会は終了しました

 展覧会情報


東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYにて行われるグループ展に作品を出展いたします。

 インターネットの「検索エンジン」によるイメージの結果から、再構と破壊を試みることをテーマとした企画展。

 渡辺篤は8月に行いました六本木ヒルズA/D GALLERYでの個展「わたしの傷/あなたの傷」において会場外のショーケースに展示した《「My home」シリーズ》という作品群を展示の仕方を変え、展示します。

 なお、本展の企画とは異なりますが、その8月の個展の際に展示した別の映像作品《7日間の死》を受付のスタッフに申し出ていただければ、モニターで観ていただけます。

 また、8月に刊行した作品集も会場で販売します。

 

<展覧会概要>

「Search & Destroy」

会期 : 2017年9月29日(金)- 10月15日(日)

会場 : TAV GALLERY(東京都杉並区阿佐谷北1-31-2)

時間 : 13:00 – 20:00

休廊 : 水曜、木曜

出展作家 : 岩岡 純子、JOKAI、末永 史尚、竹内 公太、渡辺 篤

協力 : Maki Fine Arts / SNOW Contemporary

キュレーター : 佃 義徳

オープニングパーティー : 2017年9月29日(金) 18:00-20:00

展覧会ページ(TAV GALLERYウェブサイト) 

 

(2017/09/27)

 



以下のイベントは終了しました

ギャラリートーク


渡辺篤個展「わたしの傷/あなたの傷」に際し、渡辺自身による作品解説をします。 

 

<「わたしの傷/あなたの傷」ギャラリートーク>

日時

1, 2017年8月19日(土)

2, 2017年8月25日(金)

  …両日とも19時-19時40分開催

  …渡辺自身による作品解説をします。

閉場時間 20時

予約不要、入場無料

会場 : 六本木ヒルズA/Dギャラリー

展覧会詳細及びお問い合わせ : http://www.roppongihills.com/events/2017/08/003007.html

オープニングでの作品解説の様子

 



 記事掲載


『Yahoo!ニュース/オルタナS』2017/07/13公開
「元ひきこもりの現代美術家、<弱い誰か>を見殺しにするな」(本人寄稿)

 

(2017/07/13)

 



 

展覧会情報掲載


(2017/06/26)

 



以下の展覧会は終了しました

 展覧会情報


渡辺篤の大学時代の卒業制作(「自由課題」/「自画像」)のうち、「自画像」が展示されます。創立130周年の記念展で、卒業生の自画像も幾つか展示されるようです。

 

 

 

<展覧会概要>

東京藝術大学創立130周年記念特別展 藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

□会期:

第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)※渡辺篤の作品は第1期に展示されます。

第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)

□時間: 午前10時 - 午後5時※ただし、7月11日(火)は午後6時まで開館

□休館日: 毎週月曜日(7月17日、8月14日は開館)、7月18日

□会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4

□観覧料: 一般800円 高校・大学生500円

 

くわしくはこちら(東京藝術大学大学美術館ウェブサイト)

 

東京藝術大学創立130周年記念特別展 藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

(2017/06/14)

 



 

助成採択のご報告


横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)の主催する、創造都市横浜における若手芸術家育成助成「クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ」に、2016年度から引き続き、2017年度も採択され、活動の支援をしていただけることになりました。

 

 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 ウェブサイト

 

審査員:

窪田 研二・曽谷 朝絵・中野 仁詞・木村 絵理子・多田 淳之介・中村 恩恵・山口 真樹子・中冨 勝裕

 

横浜市芸術文化振興財団

(2017/06/07)

 



 

エッセイ掲載


「ひきこもった時間はアートになった」

月刊『WAM』3月号巻頭エッセイ「ひきこもった時間はアートになった」(クリックで拡大)

「独立行政法人福祉医療機構」刊行の月刊『WAM』3月号に掲載されました。

(2017/04/03)

 



 以下のイベントは終了しました

学会発表


『日本美術解剖学会・大会』

2017/01/07(土)「日本美術解剖学会・大会」(テーマ「逸脱するヒト」)にて、渡辺 篤の作品や活動について発表させていただきます。会場は東京藝術大学第一講義室。渡辺の題目は<元ひきこもりの彼が現代アートを続けるわけ>です。詳細はポスター画像をご覧下さい。

 



 

インタビュー掲載


『創造都市横浜』「アーティストとして生きる。現代美術家  渡辺 篤さん」

『創造都市横浜』(web)による「アーティストとして生きる。現代美術家  渡辺 篤さん」という記事です。《プロジェクト「あなたの傷を教えて下さい。」》(2016年ー)、「黄金等バザール2016」、「横浜市芸術文化振興財団 若手芸術家育成助成」などについて話しています。

 

「アーティストとして生きる。現代美術家  渡辺 篤さん」

 

 

(2017/01/04)

 



 以下のイベントは終了しました

トークイベント


渡辺篤×天野太郎

「黄金町バザール2016」参加作家・渡辺 篤の新作《プロジェクト「あなたの傷を教えて下さい。」》について、渡辺 篤自身が解説をし、天野 太郎氏(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)を聞き手に招いて開催するトークイベント。

 

日時 : 2016/10/10(月・祝)18:00ー19:30

場所 : 高架下スタジオSite-D集会場(横浜市中区黄金町1-2番地先)

Google Map

料金: 無料(カンパ制) (「黄金町バザール2016」作品ご鑑賞には鑑賞パスポート代¥500がかかります。)

facebookイベントページ

「黄金町バザール2016」HP

主催 : NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター

問い合わせ先 : 045-261-5467 / E-mail info@koganecho.net

 

当日は13−16時に同会場にて「バザールトーク(アーティストによるプレゼンテーション)」
という企画もあります。

 



 以下の放送は終了しました

テレビ放送


『NEWS 930α』(テレビ神奈川)2016/11/04

「黄金町バザール2016」での出展作品《プロジェクト「あなたの傷を教えて下さい。」》の制作模様を密着取材されました。本作の制作動機などについても答えています。ニュース番組内の特集コーナーで紹介されました。

 

『NEWS 930α』(テレビ神奈川) 2016/11/04放送「特集 <心の傷>にアートで寄り添う 現代美術家の想い」



 

新聞掲載


『NEWS 930α』(テレビ神奈川)2016/11/04

2016年秋に『読売新聞』にインタビューされ、掲載された「<心の傷>アートに」という記事です(クリックで拡大)。記事内の「黄金町バザール2016」での展示作品はこちらにアーカイブがあります。

 

『読売新聞』2016/09/27号 「<心の傷>アートに」



以下のイベントは終了しました

アウフヘーベン2016「お披露目会」


2016/05/16(月)夕方から、東上野にあるアートスペース/共同スタジオ「アウフヘーベン」で、

このスペースと新体制のメンバーを紹介し、お披露目する会があります。アウフヘーベンのメンバーにこの春入りました。今回の企画は作品展示やアーティストトークなどを主な目的とするものではありません。アウフヘーベンを通じて、場やコミュニティとの交流や介入をしていただけたら嬉しいです。

僕はちょっとした作品紹介と、近況報告をしようと思います。できたら、最近作ってる作品も持って行きたいと思ってます。

ご来場者には、アーティストやコレクターなども多く来ると思います。アウフヘーベンメンバーやご来場者さん同士、ぜひお気軽に話しかけてみてください。

facebookイベントページ



 

WEB掲載


 

初めて中国のアートレビューサイトで、僕の活動や作品の紹介をしていただきました。記事を書いてくれたのは清水 恵美さん。僕が2009年頃、一年ほど北京で暮らしている時に現地で知り合った美術家です。現在は中国と東京を行き来して活動されているそう。中国生活が長く、中国のアート事情に精通されている方で、日本の美術家を中国(語)で。中国の美術家を日本(語)で。そのようにレビューを双方の国で紹介しながらリアルな現場感を伝え、懸け橋となる活動です。今回の記事のテキストはそんなわけで中国向けの中国語ですが、ぜひご覧ください。

 

「探索自己的伤~渡边 篤」(清水 惠美)

 

(2016/05/10)

 



以下のイベントは終了しました

WEBオークション


現実に起こったトラブルとリンクした突発的なWEBオークションでしたが、多くの入札があり落札が決まりました。ありがとうございました。

 

《MANIPULATION》


《MANIPULATION》2015年

《MANIPULATION》2015年

 



 

トークイベント記録動画



 「わたなべあつしのはなし」ドキュメント動画

 

「わたなべあつしのはなし」

…渡辺 篤アーティストトーク&小作品展示

・各作品の画像や映像を交え成り立ちのきっかけとなった当事者意識や背景について

・学生時代からの出展拒否や撤去要請等で非公開になった作品について

聞き手には千葉大学の神野 真吾先生をお迎えしました。

日時:2015/08/22()

詳細はこちら

 



以下のイベントは終了しました

トークイベント・ゲスト


会田誠の月イチぼったくりBAR

「会田 誠の月イチぼったくりBAR」

出 演:渡辺 篤(ゲスト)、会田 誠(ホスト)/日 程:2015/10/13(火)/会 場:美学校

イベント詳細

イベントレポートはこちら

 



 

受賞


「3331アートフェア2015」(2015/03/21ー29開催)におきまして、3つの賞を頂戴しました。

 

塩入 敏治 賞 / 橋爪 勇介 賞 / Art Lab TOKYO 賞 (受賞順)

 



 

グッズ


渡辺 篤《落描き禁止ステッカー》を「新宿眼科画廊」にて販売中。


「落描き禁止-らくがきしてはいけないばしょにはりましょう-」

《落描き禁止-らくがきしてはいけないばしょにはりましょう-》

カラー大1枚/モノクロ小8枚のセット ¥630-

 



【過去のニュース】

2017

  • 以下のイベントは終了しました
    【サイレントオークション】参加
    渡辺は《7日間の死》、《My wounds, your wounds》を展示。 
    会場:「ART ALONE PLACE天王洲セントラルタワー別館1F(旧La Casa NIKI)
    住所:140-0002 東京都品川区東品川2-2-24
    2017年12月14日(木)、21日(木)、2018年1月18日(木)、25日(木) ※12月7日はプレオープン
    時間:11時ー18時、入場料:1000円、主催:ギャラリー エクリュの森
    参加作品:明田一久、安部大雅、SO-IZUMI、伊藤博敏、岩間弘、河本蓮太朗、木戸龍介、田中毅、那須勲、本郷芳哉、渡辺篤、太田宗平、川合朋郎、髙﨑紗弥香、高松明日香、長野順子、Yusuke、横井山泰、松本力(順不同)
    詳細:http://www.ecru-no-mori.jp/exhibition/art-alone-rest-with-art/ 
  • 以下のイベントは終了しました
    【映像祭】参加

    渡辺は、映像作品《7日間の死》を11月26日(日)に上映。

     「第8回 前橋映像祭2017」開催概要

    ・日時:2017年11月25日(土), 26日(日)

    ・会場 :群馬県前橋市周辺/・主催:前橋映像祭実行委員会

    ウェブサイト 

    実行委員長:白川昌生/実行副委員長:毛利嘉孝

    実行委員会:上岡誠二、佐藤良明、清水知子、福住廉、藤井光、吉澤弥生/事務局:居原田遥、井川友香、西尾祐馬  

 

2016 

  • 以下のイベントは終了しました
    【トークイベント】
    「ブブカpresents オキュパイ・スクール 2016夏バージョン」
    2016/08/27に講義形式のトークショーに講師として登壇します。<元ひきこもりによる存命手段としてのアート論>という題目でお話します。
    講師 : 末井 昭、角 由紀子、渡辺 篤、釣崎 清隆、石丸 元章、花房 太一、有賀 慎吾、じゃぽにか、ケロッピー前田
  • 【助成採択のご報告】
    横浜市芸術文化振興財団(アーツコミッション・ヨコハマ)の主催する、創造都市横浜における若手芸術家育成助成「クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ」という助成制度に採択され、2016年度の制作や活動の支援をしていただけることになりました。  公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 ウェブサイト
    審査員:窪田 研二・曽谷 朝絵・中野 仁詞・木村 絵理子・岡田 利規・中村 恩恵・山口 真樹子・中冨 勝裕
  • 【記事掲載】
    写真家の "のげ のうじょう" さんによるインタビュー。NOTEでの記事。石垣島(のげさん)と横浜(渡辺)をネット通話で結び、渡辺の個展「止まった部屋 動き出した家」(2014年)と《プロジェクト「あなたの傷を教えて下さい。》(2016年)について。音声+テキスト+写真による記事。 
     「傷もアートになる」(のげ のうじょう)2016/04/30公開。

  • 【共同スタジオ入居】
    東京・東上野にあるシェアスタジオ/アートスペース「アウフヘーベン」のメンバーになりました。

    川久保 ジョイ小林 敏大田原迫 津田 道子渡辺(2016/04/01)

  • 土健系総合カルチャーマガジン『ブルーズマガジン』(フリーマガジン|株式会社感電社)にて、都内某所高層ビル解体現場の様子を描いた渡辺篤のクロッキー画が #05号に掲載予定です。文は作家の石丸元章さん。フリーマガジン『ブルーズマガジン』の配布場所等はこちら
    2016/02/10より、全国配布。協力店へ順次配布開始いたします。 

2015

  • 【記事掲載】『朝日新聞』「未来の便器…カネゴン…税金泥棒… ネットに合成画、新国立チクリ」(2015/07/17)。
    Twitterにおける「新国立競技場クソコラグランプリ」のムーブメントにコメントをしました。
    自身も画像を複数投稿し、多くの反響がありました。http://digital.asahi.com/articles/DA3S11865522.html(URLは「朝日新聞デジタル」版)
  • 以下の展覧会は終了しました
    【制作協力】
    『おとなもこどもも考える ここはだれの場所?』会田 誠さんの公開制作を会場で手伝っています。
    会場:東京都現代美術館、会期:2015/07/18(土)―10/12(月・祝)、展覧会詳細
  • 【映画美術協力】

    映画に登場する油絵を、渡辺 篤の20歳頃に描いていたものの中から数点ご提供しました。

    映画『トイレのピエタ』2015/06/06(水)から全国順次ロードショー、詳細はこちら
    監督・脚本:松永 大司 
    出演:野田 洋次郎、杉咲 花、リリー・フランキー / 市川 紗椰、古舘 寛治、森下 能幸、澤田 陸、MEGUMI、岩松 了 / 大竹 しのぶ(友情出演) / 宮沢 りえ
    主題歌:RADWIMPS「ピクニック」原案:手塚 治虫
  • 以下のイベントは終了しました
    【トークイベント】
    「 3331アートフェア2015」は03/29まで開催。03/28には渡辺 篤のトークが有ります。 詳細はこちら 2015/03/28(土)18:30ー19:30
  • 以下のアートフェアは終了しました
    【アートフェア情報】渡辺 篤は2015年3月、2つのアートフェアに参加します。「アートフェア東京2015」、「3331アートフェア2015」。
  • 【掲載情報】
    『芸大美大をめざす人へ No.155』 (別冊アトリエ) 2015/03/05発行
    特集「日本が誇る現代アート界の風雲児<会田 誠というパラレルワールド>」内、「後輩アーティストが語る会田 誠という高性能カメラ」という記事を寄稿しました。 

2014

  • 【掲載報告】個展「止まった部屋 動き出した家」(2014/12/07ー28)の批評/紹介が以下媒体などで掲載されました。『AERA』、『art scape』、『プラス・ハンディキャップ』、『タグボート』、『ART iT』、『日刊デジタルクリエイターズ』、『Time Out Tokyo』、『ARTIST DATABASE』、『美術手帖』、『オルタナS』、『DIAMOND online』、『Yahoo!ニュース』
  • 【展覧会情報】WEB展覧会「幽霊画展2014に出展しています。2014/08/16ー。渡辺篤作品の情報はこちら
  • 【掲載報告】個展「ヨセナベ展」(2014/06/28ー07/19)の批評/紹介/広告が以下媒体などで掲載されました。『美術手帖』、『art scape』、『HAPPY PLUS ART』、『電撃ASCII 秋葉原限定版』、『子連れアート鑑賞日記』、『ART iT』、『TOKYO ART BEAT』、『with news』、『実話ナックルズ』、『tag boat』、『アートコレクターズ』
  • 【雑誌掲載】月刊 『アートコレクターズ』2014年2月号「立体アート特集」に作品《アベティはそれを見たことがない》が掲載されました。
  • 【MV出演】お笑いコンビ「どぶろっく」の最新ミュージックビデオに画家役として出演しました。『○○な女』という曲です。以下のサイト内から有料視聴サイトに飛べます(2014/06/06現在)。http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/doburock/
  • 『杖ことば』(学研パブリッシング)五木 寛之著 カバー原画に会田 誠《灰色の山》(制作協力:渡辺 篤)が使われています。発売日: 2014/09/16 

2013