TOP PAGE English 



C    V

BIOGRAPHY / CV / ARTICLES & MEDIA / GRANTS


Photo: Keisuke Inoue

BIOGRAPHY

 

渡辺 篤

(現代美術家)

  

東京藝術大学在学中から自身の体験に基づく、傷や囚われとの向き合いを根幹とし、かつ、社会批評性強き作品を発表してきた。表現媒体は絵画を中心に、インスタレーション・写真・パフォーマンスなど。テーマは、新興宗教/経済格差/ホームレス/アニマルライツ/ジェンダー/ひきこもり/精神疾患 など多岐にわたる。卒業後、路上生活やひきこもり経験を経て2013年、活動再開。以後精力的に発表を続けている。2016年にARTIST'S GUILDメンバー加入。

 

  • 2010 東京藝術大学大学院 美術研究科 研究生 修了
  • 2009 東京藝術大学大学院 美術研究科 絵画専攻(油画)修了
  • 2007 東京藝術大学 美術学部 絵画科油画専攻 卒業
  • 1978 神奈川県 横浜市 生まれ


C   V

 

【主な展覧会】

 〈個 展〉

 〈グループ展〉

  • 2016  「黄金町バザール 2016 −アジア的生活」黄金町、神奈川
  • 2013  「Who By Art Vol.2」西武渋谷店美術画廊/西武池袋本店美術画廊、東京
  • 2009  「ASIA PANIC」光州ビエンナーレホール、韓国、光州
  • 2008  「チバトリ」千葉市美術館、千葉

【主なアートフェア】

  • 2015  「3331アートフェア 2015」アーツ千代田3331、東京
  • 2015  「アートフェア東京 2015」東京国際フォーラム、東京

【主なトークイベントなど】

  • 2017 「日本美術解剖学会・大会|逸脱するヒト」(学会発表)<元ひきこもりの彼が現代アートを続けるわけ>東京藝術大学、東京
  • 2016 「<黄金町バザール2016>渡辺 篤作品《プロジェクト<あなたの傷を教えて下さい。>》について語る」(トークイベント)聞き手:天野 太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)高架下スタジオSite-D集会場、神奈川
  • 2015 「会田 誠の月イチぼったくりBAR」(トークイベント)聞き手:会田 誠 美学校、東京
  • 2015 「わたなべあつしのはなし」(トークイベント)聞き手:神野 真吾(千葉大学准教授)泰生ポーチ、神奈川


ARTICLES & MEDIA

 

【主な記事掲載/メディア出演】

 〈新 聞〉

  • 2016 『東京新聞』09/29号「心の傷教えてください・渡辺 篤さん<アートで寄り添う>」
  • 2016 『読売新聞』09/27号「<心の傷>アートに」
  • 2016 『神奈川新聞』09/18号「論説・特報|現代美術家 渡辺 篤・他者の傷に寄り添う」

  〈w e b〉

  〈雑 誌〉

 〈テレビ〉

  • 2016 『ハートネットTV|ブレイクスルー』(NHK)6/27放送「心の傷は いつか光り輝く ー現代美術家・渡辺 篤ー」 番組ウェブサイト 、 動画
  • 2016 『NEWS 930α』(テレビ神奈川)11/04放送「特集 <心の傷>にアートで寄り添う 現代美術家の想い」

 

   他多数


GRANTS

 

 

【助 成】

  • 2016 『横浜市芸術文化振興財団』「創造都市横浜における若手芸術家育成助成クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ」


ダウンロード
CV - 渡辺 篤 ATSUSHI WATANABE ー ARTWORKS.pd
Adobe Acrobat ドキュメント 175.3 KB