TOP PAGE English 



C    V

BIOGRAPHY / CV / ARTICLES & MEDIA / GRANTS / COLLECTIONS


Photo: Keisuke Inoue

BIOGRAPHY

 渡辺 篤 | Atsushi Watanabe

 

 現代美術家。東京藝術大学在学中から、直接的/間接的な経験を根幹とする、新興宗教・経済格差・ホームレス・アニマルライツ・精神疾患・セクシュアルマイノリティなどの、既存の社会からはタブーや穢れとしても扱われかねない要素を持った様々なテーマやそれらにまつわる状況を批評的に取り扱ってきた。

 近年は、不可視の社会課題であり、また自身も元当事者でもある「ひきこもり」にまつわるテーマについて、心の傷を持った者たちと協働するインターネットを介したプロジェクトを多数実施。そこでは、当事者性と他者性、共感の可能性と不可能性、社会包摂の在り方など、社会/文化/福祉/心理のテーマにも及ぶ取り組みを行う。社会問題に対してアートが物理的・精神的に介入し、解決に向けた直接的な作用を及ぼす可能性を追求している。 

 主な個展及びプロジェクト展は「修復のモニュメント」(BankART SILK、神奈川、2020年)、「ATSUSHI WATANABE」(Daiwa Anglo-Japanese Foundation、イギリス、2019年)、「わたしの傷/あなたの傷」(六本木ヒルズA/Dギャラリー、東京、2017年)、「アイムヒア プロジェクト写真集出版記念展 "まなざしについて"」(高架下スタジオSite-Aギャラリー、神奈川、2019年)など。

 主なグループ展は「2020Asia ProjectーLooking for Another Family」(国立現代美術館、韓国、2020年)、「ARTEFACT 2020 : ALONE TOGETHER」(STUK、ベルギー、2020年)、「黄金町バザール2016—アジア的生活」(黄金町、神奈川、2016年)、「ASIA PANIC」(光州ビエンナーレホール、韓国、2009年)など。

 2018〜2020年度「クリエイティブ・インクルージョン活動助成」及び2016〜2017年度「創造都市横浜における若手芸術家育成助成」(ともにアーツコミッション・ヨコハマ)に採択。2016年「ARTISTS' GUILD」加入。

 作品発表以外では、当事者経験や表現者としての視点を活かし、福祉番組「ブレイクスルー」(NHK Eテレ)や「ハートネットTV」(NHK Eテレ)などの多数のテレビ出演や、雑誌・新聞・ウェブへの執筆も多い。アートのジャンル内外でのレクチャーも行う。武蔵野美術大学 非常勤講師(2020年度〜)。

 

 

◼︎「渡辺篤ウェブサイト」:https://www.atsushi-watanabe.jp/ 

◼︎「アイムヒアプロジェクト ウェブサイト」:https://www.iamhere-project.org/

2018年にスタート。ひきこもりをはじめとする孤立当事者らとの共同企画。ひきこもりの部屋写真集「I'm here project」、当事者と共同制作を行った「修復のモニュメント」、コロナ禍/アフターコロナにおける孤立課題に取り組む「同じ月を見た日」など。

 

  • 2020  横浜文化賞 文化・芸術奨励賞
  • 2009  東京藝術大学大学院 美術研究科 絵画専攻(油画)修了 
  • 2007  東京藝術大学 美術学部 絵画科 油画専攻 卒業 
  • 1978  神奈川県 横浜市生まれ


C   V

 

【主な展覧会】

 〈個展/プロジェクト展〉

 〈グループ展〉

  • 2020  「2020Asia ProjectーLooking for Another Family」国立現代美術館、ソウル、韓国(Curator: Joowon Park)
  • 2020    「ARTEFACT 2020 : ALONE TOGETHER」STUK、ルーヴェン、ベルギー (Curator: Karen Verschooren)
  • 2019  「雨ニモマケズ(singing in the rain)」BankART Station/ R16スタジオ、神奈川
  • 2018  「Absences ー不在ー」 N-mark Gallery、愛知 (Curator: Jasa McKenzie)
  • 2017  「Search & Destroy」 TAV GALLERY、東京 (Curator: Yoshinori Tsukuda)

  • 2017  「創立130周年記念特別展 藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!」東京藝術大学美術館、東京
  • 2016  「黄金町バザール 2016 −アジア的生活」黄金町、神奈川 (Director: Shingo Yamano)
  • 2009  「ASIA PANIC」光州ビエンナーレホール、韓国 (Curator: Chang Suk-won)

 

 

【主なトークイベント/シンポジウムなど】

  • 2019 「Hikikomori in Japan and the UK」(セミナー)Daiwa Anglo-Japanese Foundation、ロンドン、イギリス
  • 2019 「まなざしの暴力性について〜ひきこもり問題の現場から〜」(トークイベント) ゲスト:池上 正樹(ジャーナリスト)/ひきこもり当事者 高架下スタジオSite-Aギャラリー、神奈川
  • 2019 「第2回名古屋トラウマ研究会主催講演会<ひきこもりとアート>」(シンポジウム)日本福祉大学名古屋キャンパス、愛知
  • 2017 「日本美術解剖学会・大会|逸脱するヒト」(学会発表)<元ひきこもりの彼が現代アートを続けるわけ>東京藝術大学、東京
  • 2016 「<黄金町バザール2016>渡辺 篤作品《プロジェクト<あなたの傷を教えて下さい。>》について語る」(トークイベント)聞き手:天野 太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)高架下スタジオSite-D集会場、神奈川
  • 2015 「会田 誠の月イチぼったくりBAR」(トークイベント)聞き手:会田 誠 美学校、東京
  • 2015 「わたなべあつしのはなし」(トークイベント)聞き手:神野 真吾(千葉大学准教授)泰生ポーチ、神奈川


ARTICLES & MEDIA


【自著】

  • 2020 『アイムヒア』(作品集)02/21刊行(BankART出版)
  • 2019 『 I'm here project 』(写真集) 02/16刊行(発行:アイムヒア プロジェクト)
  • 2017 『渡辺篤 作品集|ATSUSHI WATANABE WORKS』08/04刊行(発行:渡辺 篤)

 

【共著/寄稿】

 

【主な記事掲載/メディア出演】

 

 〈新 聞〉

  • 2020 『読売新聞』07/21号「痛みや悩み 現代美術に 美術家・渡辺さん ひきこもり経験者と制作」
  • 2020 『朝日新聞』06/26号「ひと|渡辺篤さん 月を介し、孤立した人同士をつなぐ現代美術家」(記事・写真:岩井建樹)
  • 2019 『朝日新聞』02/16号「ひきこもり「反撃」の写真展、経験者 横浜で開催、「誰しもなり得る」部屋 のぞき見る」(記事:飯塚直人)
  • 2017 『神奈川新聞』08/14号「心の傷を見える形に」(記事:下野 綾)
  • 2016 『東京新聞』09/29号「心の傷教えてください・渡辺篤さん<アートで寄り添う>」(記事:志村彰太)
  • 2016 『読売新聞』09/27号「「心の傷」アートに」(記事:金巻有美)
  • 2016 『神奈川新聞』09/18号「論説・特報|現代美術家 渡辺篤・他者の傷に寄り添う」(記事:下野 綾)

  

 〈W E B〉

 

 〈書籍 / 雑誌〉

 

 〈テレビ〉

 

 〈ラジオ〉

  • 2019 『ちょうどいいラジオ』(FMヨコハマ)02/12放送 ゲスト出演

    他多数

AWARDS

 

 

【受 賞】

  • 2020 横浜文化賞 文化・芸術奨励賞


GRANTS

 

 

【助 成】

  • 2020 公益財団法人 小笠原敏晶記念財団「新型コロナウイルス特別緊急助成事業」
  • 2018〜2020 アーツコミッション・ヨコハマ(横浜市芸術文化振興財団)「クリエイティブ・インクルージョン活動助成」
  • 2016〜2017 アーツコミッション・ヨコハマ(横浜市芸術文化振興財団)創造都市横浜における若手芸術家育成助成クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ」


COLLECTIONS


【コレクション】

  • 東京藝術大学美術館